無料ブログはココログ

居士会 KOJIKAIとは

居士会(こじかい)は創業昭和25年。三代続く東洋医学の治療院です。

当院独自の指圧整体法「瞬間調身法 しゅんかんちょうしんほう」をメインに

皆様の心身を調えるお手伝いをしています。

治療院のHPはこちらからどうぞ。 http://kojikai.world.coocan.jp

■ 本院(東京・麻布十番)

    東京都港区麻布十番1-5-12 麻布永谷マンション1103号室

    電話: 03-3423-4477

■ 分院(埼玉県・狭山市)

    埼玉県狭山市富士見2-9-24

    電話: 090-3902-4130

2017年6月14日 (水)

梅雨の病

 関東も梅雨に入りました。ジメジメ嫌な季節ですがこの時期体調を崩す方も多いようです。

東洋医学的に湿邪になる人が多く、だるい、浮腫む、お腹が張るなど不快症状が出る方も多いようです。
この時期湿度が高いと身体の中にある余計な湿(水分)が抜けなくて、滞ることです。
対処出来ないといつまでも怠かったり、リウマチ、神経痛や関節痛などでやすくなります。邪(水分の濁り)が抜けなくて身体がおかしくなるのです。
そんな不快症状の対処はまず汗をかくこと。お風呂もこの時期からシャワーしか入らない方も多いですが是非サッパリした入浴剤などを入れてよく汗をかいてください。あとは運動で汗をかくのも良いです。
次に水分を摂りすぎないこと。運動などしてる時はよいのですが、オフィスのエアコンのきいた中では冷えている方も多いのです。そんな中で水分を摂りすぎると浮腫む原因にもなります。汗もかかないところではあくまでも水を飲まないのではなく摂りすぎないようにです。
次に食事、カリウム系の多い夏野菜を摂りましょう。この時期から夏野菜は出てきます。上手に摂って排泄機関を助けるのはよいことです。
後は腎愈、腰のあたりを温めます。寝る前にホットタオルやこんにゃくを湯で温めたこんにゃくシップ(やけどしないように好みの温度でタオルに包みます)などは気持ちよいです。腎を温めると水分代謝が良くなります。
ぜひ養生してみてください。

2017年5月24日 (水)

脚の浮腫み

女性の患者さんでよく気になるようなのが脚が太くなったとよく聞きます。しかし私が診る限り脂肪がたくさんついているわけでもなく筋肉が運動選手のように発達しているわけでもありません。

脚が浮腫んでいる方がほとんどなのです。
もともと脚の筋肉量がある男性方は浮腫みにくいのですが、浮腫みがひどいのは圧倒的に女性に多い症状です。
特に夏になる前の身体が汗をかきにくい時期はなおさらです。原因は運動不足、筋肉不足、
冷えによる代謝不良。塩分過多、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足、座りっぱなし、立ちっぱなしなど。しかし中には腎臓の機能低下でも浮腫みますので脚以外の手や顔も浮腫む場合は検査をおすすめします。また心臓疾患のある方も足だけ浮腫む方がいますのでそちらも注意していただきたいです。
普段オフィスで座ることの多い女性はやはり脚を使う運動をしたほうがよいです。女性は筋量が少ない分オフィスでもインターバル的に階段など少しは歩くことをお勧めします。
もちろんマッサージも有効です。私が治療した女性では3センチくらい大腿部が細くなった方がおられました。私の治療は経絡や筋肉にもアプローチもするのですがリンパ線を刺激するので早くリンパ循環が良くなります。
男性ですと運動のしすぎでも浮腫みます。特に有酸素系のスポーツをしている方は平常時心拍がかなり低いので運動後何もせずオフィスで座っていたりすると浮腫みが酷くなる方が多いです。脚に溜まった血液やリンパ循環が心拍が低いので上部に戻りにくいようです。対策は女性と同じですがリンパ腺には疲労物質も溜まりますので運動選手がマッサージを頻繁に受けるのは納得ですね。
女性の方は睡眠不足やオフィスの冷房でも浮腫みの原因にもなりますのでこれからの時期は気をつけてほしいところです。

2017年3月27日 (月)

身体の左右差

日常生活をしていると癖のある方法で生活している方がほとんどです。

それが多かれ少なかれ人の体は左右差があるのは当たり前です。
しかしそれがあまりにも差が大きくなると体の不調につながります。
私は患者さんに自宅を出る前に全身姿見で自分を見てみると良いですよとアドバイスしています。ほとんどの人が左右差があるので肩の位置や骨盤の位置が違う方が多いようです。
右利きの方がほとんどですので右のあごが上がり右肩が下がり右上善腸骨稜が上がっているくの字型の方がほとんどです。
別段痛みなどがなければ良いのですが私は片麻痺の患者さんやパーキンソン病の患者さんなどを診ていると特にこの左右差が大きくなり痛みが出てしまう方が多いのです。リハビリも患側側は筋トレや動きもうまくいかないのでどうしても健側側のほうに力が集中してしまいものすごくバランスが悪くなります。
これがアスリートに当てはめるとトレーニングの左右差が生じます。例えばマラソンや自転車競技などはもともと左右差があまり出にくい競技なのですが、自分の身体の左右差に気が付かづに激しいトレーニングをすると上の患者さんと同じように強い方がより片方の弱い方を補完してよりバランスを崩す方が多い気がします。
それが長く続けばケガや故障の原因にもなってきますので、ある程度自分で判断できない方はトレーナーなどの第三者の方に見てもらうことをお勧めします。そのうえでタイトになっている筋肉をマッサージやストレッチしてリセット後。弱い方の筋トレなどを指導してもらうのが最良です。
一般の方は筋トレは必要ありませんがこのような左右差がある方は定期的に右半身のストレッチやマッサージをするのはよいことだと思います。あとは普段の姿勢や生活の癖をみなおしてみましょう。

2017年3月 8日 (水)

活動量計 ガーミン vivosmart HR J

私は普段自転車を乗っていると心拍計をつけていたのですが、これが良く壊れるもので1、2年も使っているとまず使えなくなります。加えて胸のベルトが圧迫感があるし冬の時にはなかなか反応しなかったり、わざわざ水で濡らさないと動かなかったりとあまり使い勝手の良いものではありませんでした。

しかし最近光学式心拍計が発売され活動量計として腕に巻くタイプで普及されています。
自転車を趣味としている方ならご存知のガーミン社からも心拍活動量計が発売されていたので早速買って4週間ほど使ってみました。
ガーミンがなぜ良いかといえば自転車のセンサー類がANTデバイスが多くガーミンVIVOHRもこれに対応していてガーミンのエッジシリーズに繋げて心拍表示が出来るのです。
あとのメーカーはBluetoothには対応しているのですが光学式でANTデバイスですとガーミンとMIOというメーカーしか見かけませんでした。
ガーミンvivoHRjは歩数、消費カロリー、移動距離、運動、階数、睡眠サイクルを自動的に測定できる活動量計ですが、光学式心拍センサーを内蔵です。
Img_20170308_173130014_r
付け心地は軽く25gほど、防水ですのでお風呂に入るとき以外はつけっぱなしで生活しています。
スマートフォンにガーミンコネクトをインストールして日々の活動量がわかる仕組みです。
このアプリ自体はBluetoothで繋げて同期します。これは難なくできましたが初めて買ったものが不良品で全くつながらなかったので返品して新しいものと交換してもらいました。新しい方は大丈夫でした。
しかしこのガーミンアプリは使いにくいですね。慣れの問題なのでしょうが実に解りにくい。
早速自転車のエッジシリーズで使ってみました。ANTですのですぐにサイコンは同期してくれました。しかし使うときにvivoの方を心拍モードにするのに4アクション程しなくてはいけないのが少し面倒な気がします。接続後はすぐに反応してくれます。
ガーミンコネクトはパソコンでもスマートフォンでも管理できるのでその点はよいと思います。
胸バンドより若干心拍のタイムロスはありますが概ね胸バンドと同じ精度でかと。
何より胸の圧迫感がなくログもしっかりとれるのはありがたいです。
自転車心拍モードより日々の活動がグラフ化で見れますのでとても面白い。それより睡眠モードが自動記録されるのが良いですね。これを見ると深い眠りか浅い眠りと表示できるので中々重宝しています。疲れるときはやはり睡眠が平時より少ない時なのがよくわかりますね。
最後にいらない機能は動かないとMOVEと言って知らせてくる機能です。自転車乗ったログはVIVOには入っていないので自転車で走った後に言われるとイラっとしますのでこれはoffにもできますから今は切っています。
時計は最近つけていなかったのですが軽いので時計代わりにもなるし、スマートフォンと連動してスマートウォッチの機能もついていますので着信メールなど簡単に確認できます。しかし同期していると電池減りが早いので(3日ほど)私は使っていません。同期しなければ5、6日は充電しなくても大丈夫でした。
この活動量計は今後糖尿病とか高脂血症の方など運動やカロリーが見えるので生活習慣病の方にもよい機種だと思います。

2017年2月21日 (火)

台湾 北投温泉 2017 その2

さて2日目以降もほぼ毎日温泉三昧です。
湯治の基本は体力のある方なら一日3~4回、体力のない方なら一日2回程度にするとよいでしょう。しかし3日もすると湯あたりしてくるのでその場合は入浴をやめるか、回数を減らしたり入浴時間を短くすると良いです。こんな時は私が治療するかひたすら宿でゴロゴロ寝ているのが最良です。
北投温泉の瀧の湯さんは今リニューアル中で出来るのが楽しみですね。
Img_20170120_102048_r

最近台湾ではリノベーションカフェも多くなってきています。

北投温泉にもお店が出来てきて色々楽しめるようになりました。
Cimg1691_r
Cimg1690_r
こちらのカフェは北投の住宅街にあるカフェ米問屋を改装して作ったカフェ。
こちらはクラフトビールもありました。湯治の途中に散歩するときにはなかなか落ち着けるカフェでした。
3日目は油化街へ
こちらは乾物街の問屋が多いのでとにかく年末のため人が多かった。
この辺りもリノベーションカフェは多いようです。
Img_20170121_172028_r
下の写真は(ハーシン)合興というお菓子屋さんへ
米のお菓子そのままできたても美味しいですが、硬くなっても蒸しなおせばまたおいしくいただけます。
Img_20170121_170118_r
Img_20170124_010537
台湾のお菓子にしてはあまり甘くなかったので日本の方にもおすすめです。
北投は街中なので湯治の途中でも体力があれば観光もできますね。

2017年2月14日 (火)

台湾 北投温泉 2017

今年も日本が寒い中台湾北投温泉ツアーへ行ってきました。

冬の間は秋田玉川温泉も豪雪で行けないのでこの時期は温暖な台湾の北投温泉が最良です。
やはり行は羽田空港から3時間半で着いてしまうので国内旅行とさほど変わらない感じです。羽田便ですと台湾松山空港に着ですのでとても便利です。この松山空港台北市内の真ん中にありアクセス抜群です。市内中心部ならまずタクシーで15分もあればどこにでも行けます。
さて北投温泉も台北市内にあります。タクシーで25分で到着。台湾はタクシー料金が日本の三分の一程度で安いので二人以上で動くなら断然タクシーが便利です。最近はスマフォのグーグルMAPを見せれば大体わかっていただけるので安心です。他国のようにぼったくりタクシーもまず見当たらないかな。少なくても私の近辺では聞いたことがありません。
北投温泉はとてもアクセス面でも優れています。空港から荷物が少なければ地下鉄で行くこともできます。温泉街は淡水線で北投駅で乗り換えて新北投駅です。
Cimg1686_r
写真は日帰り温泉北投青湯名湯。温泉街にある瀧の湯はリニューアル中で入れなかったので仕事が終わってからこちらに来ました。北投駅と新北投駅の中間にあるので北投温泉の温泉街からは少し歩きますがラジウム酸性泉の青湯です。今この青湯は台北市で湯量を管理しているのでこのお湯を引いている日帰り温泉と宿は限られます。一階は大浴場、2階は個室風呂です。個室風呂のほうが綺麗にしてあるので日本の方には2階の個室風呂がおすすめです。お水も売っていますし1時間たっぷり入れます。
本日夜は北投温泉街にある素食(菜食料理) Su素食晩餐で食事を摂りました。台湾の素食料理は大豆加工品のもどきが多くて楽しいです。
Img_20170119_182217
冬瓜の漢方薬スープは美味しかった。
Img_20170119_183142
前菜も山芋やなんだかわからない野菜もおいしくいただきました。
Img_20170119_184012
メインはバジルご飯にウナギかば焼きもどきがのってます。
うむ新食感。バジル味が強くて口の中がバジルになりました。
あとデザートとお茶がついて350元
きちんとしたレストランにしてはお安いと思います。

2016年12月21日 (水)

温度変化

12月に入ってからジェットコースターのように温度変化が激しいです。

しかし寒いより暖かい方が身体には良いのですが寒暖差が激しいといろいろな体の不調が出るのです。
最近痛みを訴える患者さんが多いのも寒さの後、暖かくなると血管が拡張して片頭痛になりやすい方が多いようです。ストレスによる片頭痛もあるのですが寒暖差による片頭痛も案外多いようです。
次に神経痛。暖かいときは気にならないのですが気温が低くなると痛みを訴える患者さんが多いです。これも温度変化によるストレスと筋硬直なのですが家の中と外気温の温度差が大きいのもよくないようです。
最近の住宅は高気密で暖かい家が多いのですが外気温との温度差がありすぎるとやはり体にはストレスになりますので家の中を温めすぎるのも生物的にはほどほどにした方が良いと思います。
家の中が暖かいことは良いのですがお風呂場やトイレなどは寒い家が多くこれも血圧変化にはにはくありません。冬場の風呂場やトイレの中の脳血管障害は特に多いので気をつけてほしいところです。
対処法はいろいろありますが家の中をあまり温度変化がないようにするのと外気温との温度差も注意してほしいところです。

2016年11月22日 (火)

自転車の落車による身体の影響

スポーツバイクに乗っていて落車の経験がある方は多いのではないでしょうか。

何年もロードバイクやMTBシクロクロスなどの競技を楽しんでいる方は一度は経験あるようです(何度もの方もいらっやいますが)
特に速度の速いロードバイクは落車の怪我や影響も大きくプロでもこれは免れません。
私も20年近くスポーツバイクを乗っていてロードバイクでは2度ほど落車経験はあります。一度はレース中、一度は練習中に車に轢かれてしまいました。後者の時は骨折4か所で半年自転車には乗れませんでした。両方とも不可抗力で避けようがありませんでした。MTBやシクロクロスは転びますが速度低く下が土なのでこれで骨折など大きなけがをしたことはありません。
自分の経験値もありますが、自転車競技の患者さんを診ていると落車の後の影響がかなりあります。よく世間では身体が歪むという表現を使うのですが私はもともと人間の体は生活でも歪んでいることが多いので私はあまり表現的には使いません。どちらかといえばケガによる打撲や炎症により筋肉が硬直、萎縮していることがほとんどです。
怪我をしていても早く自転車に復帰したいがために痛みを我慢して硬直しながら乗っていては2次災害的に他の部分が代償作用で使われ身体をおかしくしている人もいらっしゃいます。
特にロードバイクではアスファルトのため骨折も多くありますが、擦過傷と打撲は避けられません。
パターン的に左右どちらかの肩、肘、臀部周辺、膝の横側が打撲、擦過傷が多いようです。
やってしまった直後はRICE処置をして。病院などへ。
その後の体の影響です。
打撲や擦過傷ですと痛みと精神的なものも含めて患側側が筋拘縮していることがほとんどです。患部には施術はしませんが、患側側をストレッチやマッサージするのは特に有効だと思います。また回復期には血液循環もよくなりますのでケガや打撲の治りにもプラスになると思います。結局痛みを抱えたままだと筋肉や関節が硬くなってしまうので炎症が収まったら早めに身体のロック状態を取ってあげることが重要だと思います。
また骨折の場合は強制的に運動はできなくなるので筋力低下は免れません。もはや生活するためのリハビリをしていくしかありませんので骨が着くまでは安静とリハビリです。しかし早く治したいので、私の場合病院を退院してから骨が早く修復するために温泉湯治に行きました。
まずは秋田玉川温泉。ラジウム泉は特に骨折後の骨の生成を早くするので2週間行ってきました。
その後オーストリアのバドガシュタインにも湯治に行きました。こちらは洞窟の中にラジウムサウナになっていてこちらで2週間湯治してきました。実はこの施設現地では有名で若い人よりクル病や関節痛、リウマチなど骨関係の病気には抜群に効くところで現地のお医者さんが指導している立派な施設です。
若い方もたまにいらしたのですが聞いたらオーストリアスノーボードの選手でした。冬季スポーツのアスリートの写真もたくさん飾られていました。骨折の治りが早いので皆さん利用しているようでした。実際私は3ヶ月はかかると言われましたが1か月過ぎたころには骨は着いて生活できるようになりました。ドクターからも骨が着きが断然早いとびっくりしていましたので効果はあったようです。
ラジウム温泉やサウナはおすすめです。

2016年10月20日 (木)

神経痛

9月が天候不順で10月に入っても寒かったり暑かったりと暑さ寒さがジェットコースターのように変わる気候です。

そうなるとこの時期に多いのは神経痛症状を訴える方です。
先日も気温が下がったとたん何人かの患者さんが神経痛症状をおっしゃってきました。
別段お年寄りだけの病気ではなく、若い人も多いのが特徴です。夏場エアコンやこの時期に睡眠中冷えて神経痛症状を訴える方も多いのです。
神経は何かで損傷して痛みを発するものもあるのですが、以前骨折や神経痛になったことで再び何かの刺激により繰り返し痛みを発することがあります。
高齢者に多いのは疲労や外的寒暖差などのものが多く、若い人の神経痛はケガの後遺症やストレス的なものが多いようです。
先日も30代の女性でしたが坐骨神経痛を訴えていました。ラセーグが少々ありましたが元々長時間座る職業の方なので毎年10月から11月の寒暖差が激しくなると痛みが出るようです。極力痛みを持続させないためにもいろいろ対策をお教えしました。もちろん歩行困難くらいになれば神経ブロックなどの外科的処置も必要になりますが大体の場合治療、体操、入浴などで回復に向かうことが多いです。神経痛は痛くなったら我慢せず早め早めの対策で痛みを長引かせないことが重要だと思います。

2016年9月26日 (月)

シクロクロスシーズンの始まり。

私は普段自転車はロードバイクをメインに乗っていますが、9月の秩父宮杯ロードレースの後はシクロクロスにスイッチします。スポーツバイクを始めるきっかけはMTBだったので今でも気晴らしに近所の山に走りに行くことはありますがMTBは今のところ競技目的では乗っていません。機材の変化も早く自分のバイクももう10年近く前のものになりその他のMTBは乗らないため処分しました。その代りに今はシクロクロスのマスタークラスに参戦しています。

もう初参戦から5シーズン目。はじめはミストラルの埼玉吉見が初めてでしたがなぜかajocc脱退したため自然と足が遠のいてしまいました。コースは本当によかったのですが残念です。
さてシクロクロスですがもちろんレースに参加が前提で始めました。MTBともロードとも違うテクニックが必要で、初参戦で当時はまってしまいました。もちろん私の所属チームが(3UP)がシクロクロスによく参戦しているのも拍車をかけたのですが、とにかく面白い。MTBよりテクニックがいるのです。もちろんコースは毎回違うのでその楽しさもあるのですが、攻略する面白さがシクロクロスにはあります。昔MTBのリジットフォークを操っていた楽しさを思い出したようでした。それ以上にタイヤが細く限界が低いのでこれもまた楽しいのです。そして空気圧や機材のチョイスによっても勝敗がわかれます。泥はいつまでたっても慣れませんが。
ロードの脚のある人のコースや天候によってテクニックのある人のコースなどバラエティー豊かなコースを毎回楽しく走らさせていただいています。
40過ぎから始めた競技なので進歩は鈍いですが少しづつでも攻略できるのが楽しみになっています。またコース上の応援もロードに比べるとレーススピードが低速なので耳に入り面白いです。励ましやヤジも楽しんではしっています。
今年も愛車グエルチョィティーで走ります。
14469610_1302679226465347_132888875

«玄米に合うおかず